鬱な気分を改善カウンセリングで徹底改善

病気になりやすい性格を知ることで鬱病を予防

種類を学ぶ

医者

鬱病にはいくつか種類があります。種類について学んでおくことで早期発見が可能になるでしょう。心よりも先に身体に症状が現れたり、季節によって症状が現れたりする種類のものがあります。

もっと読む

性格をチェック

カウンセリング

一般的に病気になりやすい方には、それなりの原因があると言われています。タバコを頻繁に吸う方は肺がんのリスクが高まると言われていますし、肥満の方は糖尿病になる可能性が高まるのは有名です。そして、鬱病の場合は、病気になりやすい性格というものが存在していると言われています。自分の性格が当てはまるかどうかチェックしておくことで、病気の予防や早期発見に役立ちます。基本的に鬱病になりやすい方の性格には共通点が多いのです。最初に挙げられる共通点が真面目な所で、周りの人間からの期待に応えるため頑張りすぎてしまうことが多くなってしまいます。頑張ること自体は良いことですが、自分の限界以上に頑張ってしまうのは問題です。車の場合、レッドゾーンを超えてエンジンを回し続けるとオーバーヒートしてしまいます。人間の場合でも、限界以上に頑張りすぎると心も身体も疲れ切って、壊れてしまうでしょう。最初は達成感や満足感、充実感で誤魔化すことができます。しかし、次第にストレスや疲労感の方が心や身体を支配していくのです。健康を維持するためには、バランスを保つことが大切になります。心と身体の健康を保つ為のバランスが崩れてしまうと鬱病のリスクが高まるのです。また、完璧主義者もストレスを溜め込みやすい性格と言えます。何でもかんでも完璧でなければ気が済まない方は、ちょっとしたことがストレスに感じるからです。適度に力を抜くことを覚えておきましょう。他にも、自己表現が苦手な方は注意しておく必要があるでしょう。鬱病になりやすい方は、共通して自己表現が苦手と言われています。思っている事や感じている事を吐き出すことができずに、自分の中に溜め込んでいるとストレスを生じさせるでしょう。自己表現が苦手な方は、このような感情を表現することができずに溜め込んでしまうのです。うまく気持ちを伝えることができないと、周りにいる方も変化に気付くことができません。基本的に自己表現が苦手な事を自覚していることは少ないので、「なぜ自分の気持ちが伝わらないのか」と思うことが多い方は注意が必要です。そして、物事の優先順位を付けることが苦手な方も鬱病になりやすいと言われています。基本的に、上記で説明したように自分の限界以上に頑張る方は、周りの人間に合わせてしまうことが多いのです。自分で優先順位が付けられないと、判断基準が自分ではなく、周囲の人間になってしまいます。周囲の評価や仕事量などを基準にしてしまうことで、自分の心や身体の限界を超えた所で頑張ってしまうのです。まずは自分の玄関を知り、その中で余裕を持って基準を設定することでストレスや疲労を軽減できます。鬱病が心配な方もそうでない方も、まずは自分の性格について客観的な視点から見つめ直すのが大切です。主観的に物事を捉えていると、いつの間にか限界を超えていることがあります。基本的に心療内科や精神科の医師に相談することで自分の性格について知ることができるでしょう。

心の症状とは

頭を抱える男性

鬱病は心と身体に様々な症状が現れます。抑うつという心の症状の場合は、病気ではない健康な方でも一過性の症状が現れますが、病気の場合は長期間に渡り抑うつの症状が続くのです。

もっと読む

治療の話

メンズ

一般的に鬱病の治療にはかなりの時間を要します。3つのステップを踏みながら、根気強く症状を回復させていきましょう。また、アルコールの過剰摂取は症状を悪化させてしまうので注意です。

もっと読む

このエントリーをはてなブックマークに追加