男性

病気になりやすい性格を知ることで鬱病を予防

心の症状とは

頭を抱える男性

鬱病の場合、心と身体に様々な症状が現れます。一般的に病気でない方にも同じような症状が現れるので、病気と気付くのが遅れてしまうのが問題とされているのです。今回は心の症状について紹介するので覚えておきましょう。この病気を患った際に心と身体に現れる症状のことを抑うつと言います。抑うつは主要な症状の一つに過ぎず、また誰でも一過性の抑うつになるのです。抑うつ自体は健全な精神活動の一環で、通常であれば時間の経過などで改善することができるでしょう。しかし、鬱病の場合であれば話は別です。一過性で改善する症状が長期間継続することになります。心も身体も疲れてしまい、重度の抑うつになるでしょう。また、心の症状は本人にしかわかりません。周りの人間は病気かどうか判断ができないのです。一過性のものなのかどうか判断することは至難の業と言えます。まず、感情障害が抑うつの主な症状です。通常であれば、嬉しいことがあれば喜ぶことができますし嫌な事があれば悲しみます。失恋や挫折などで落ち込んでいる時は軽い抑うつ状態になり、気分や感情に対する反応がバラバラになるでしょう。しかし、軽い抑うつの場合は感情障害などが現れてもすぐに改善することができます。風邪などの場合も軽い感情障害を起こすのです。ですが、病気の場合は一度抑うつ状態に陥ると中々症状は改善しません。対人関係や精神的にも問題を引き起こし、日常生活にも悪い影響を与えてしまいます。また、鬱病になると物事に対する意識や関心が低下するのです。行動は意欲に支えられていると言われています。お腹が空いた場合はご飯を食べますが、ご飯を食べる為に必要な意欲が湧かなくなるのです。仕事や勉強、趣味などにも影響を与えます。意欲がなくなることにより何がしたくて、何をするべきか分からなくなるでしょう。人間は物事に対して飽きたと感じることがありますが、抑うつの場合はこれと言った理由もなく突然、興味や関心を無くしてしまいます。楽しいことをしたいといった意欲が低下するのが理由です。意欲や関心などの低下は、何の前触れもなく突然現れるのが一般的で、これをきっかけに鬱病に気付くことができる場合があります。また、代表的な症状が思考力の低下です。自ら意識して物事を考えたり、創造を膨らませたりすることができなくなります。人格や性格を形成するのに思考はとても大切なことです。思考力の低下には脳が影響していると言われています。従って、この病気は心の弱さなどではなく、脳の機能が低下することによって発症する病気ということを示しているのです。これは、神経伝達物質であるセロトニンの現象が影響していると言われています。また、人間は考え始めるのとは別に、自分の意志で考えるのを止める事ができるのです。ですが鬱病の方はそれができません。自分に否定的な事を考え続けてしまい、現実と妄想の判断ができなくなってしまいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加